脱毛テープやワックスでの脱毛の即効性は素晴らしいんだけど

脱毛が身だしなみの1つだと考える女性が大半である現代では、方法は違えどきちんと脱毛処理を行っている人ほとんどです。

どれだけオシャレをしていても、ムダ毛がきちんと処理できていなければ見る側としても幻滅してしまいますし、自分としても周りの目ばかりが気になってしまってネガティブな気持ちになってしまいます。

安心安全な脱毛をするためには、やはり脱毛サロンでの施術がベストなのですが、自分で処理をしたい!という人のために、今回は自己処理の方法とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

まず、自己処理で一番多く用いられている“カミソリ”についてですが、カミソリを利用した脱毛は、安価で場所もとらないことから、手軽に行えるのがメリットなのですが、直接肌に刃を当てて脱毛を行いますので、ムダ毛だけでなく皮膚組織まで剃り落してしまうことになり、カミソリ負けや炎症、湿疹などのトラブルが起こりやすくなるほか、水分不足のガサガサの肌になってしまいかねません。

またカミソリを使った処理を繰り返していますと、色素沈着をおこしてしまって黒ずみができてしまう可能性もあります。

自己処理の方法として最もおススメなのは、“電気シェーバー”です。

電気シェーバーは、お肌に直接刃を当てることはありませんので、お肌に負担もかからないですし、トラブルも起こりにくいですので、おススメです。

しかし、広範囲の脱毛はできないためにどうしても時間を要してしまいます。

ですから、時間がない方や、一気に広範囲を脱毛したい方にとっては大変煩わしいですから、そのような方には脱毛テープやワックスをおススメします。

脱毛テープやワックスは広範囲を一気に脱毛することが可能ですので、短時間で脱毛をすることができますし、即効性があります。

その反面、デメリットも大きく、脱毛テープは独特の痛みに耐えなくてはいけませんし、ワックスの場合は、脱毛直後はキレイに脱毛ができていてもすぐに毛が生えてきてしまいます。

そしてお肌の角質も一緒に剥がれ落ちてしまう恐れもあります。

脱毛テープやワックスを用いた脱毛直後のお肌は、とてもダメージを受けた状態になっていますので、必ず保湿を忘れないようにしましょう。

▲ページトップに戻る