自分の生理周期を把握しておくと脱毛サロンの予約が非常にしやすくなります

脱毛とホルモンバランスには大きな関係があるということは、ご存じの方も多いのではないかと思いますが、生理中は特にホルモンバランスが乱れた状態であることから、生理中の脱毛は断られてしまうことが大半です。

どこのサロンでも必ず断られてしまうとまではいかないのですが、生理中も脱毛可能としているサロンでも、生理中の脱毛はホルモンバランスの乱れが影響し、通常よりもお肌はデリケートな状態になっていますので、通常時よりも光脱毛の光の過剰反応を起こしてしまって、強い痛みを感じてしまったり、炎症や湿疹、やけどなどトラブルを起こす可能性が高く、お肌への負担を考えますとやはり生理日の脱毛は避けておくのがベストでしょう。

また、生理中のVIO脱毛はどこのサロンでも断られてしまいますが、VIO以外の部位ですと施術可能としているサロンも存在します。

例えば、“脱毛ラボ”では生理日だけではなく生理前後3日間はすべての脱毛が不可となっているのに対し、“銀座カラー”ではVIO以外なら可能とされています。

では、万が一脱毛予約をしている人生理が重なってしまった場合はどうすればいいの
?という疑問をよく耳にするのですが、生理は毎月くるものですし、予約日とずれていればなんら問題はないのですが、どんなに規則正しく生理がくる人でも毎月同じ日に生理がくるなんて人はほとんどいませんよね。

ですから自分の予測していた日と生理がずれてしまって脱毛日と生理が重なってしまうことは珍しいことではないのです。

もしも生理と重なってしまった場合、VIOと他の部位の脱毛を予約していた場合ならば、他部位だけ脱毛を受けてVIOは後日に、ということもサロンによっては可能ですが、VIOのみの脱毛を予約していた場合は、諦めてキャンセルをするしかありません。

その際のキャンセル料は、サロンによってまちまちですが当日キャンセル不可のサロンが大半で、一般的には3日前までならキャンセル料がかからないところが多いです。

ですから、無駄な出費を防ぐためにも、普段から自分の生理周期をきちんと把握しておくことが大切で、生理の兆候がありそうなときや、生理と重なってしまった場合にはすぐにサロンにキャンセルの連絡を入れるようにしましょう。

今ではインターネットや電話ですぐにキャンセル手続きをできるサロンが増えていますので、万が一の時でも落ち着いて対応することができます。

▲ページトップに戻る