Oラインの黒ずみをなくすためにムダ毛の自己処理をやめよう!

脱毛=エチケットであると考える女性が大半になっている現代では、自分で脱毛処理を行っている人はとても多いのですが、安易な自己処理は、つるつるすべすべのお肌を手に入れるどころかかえってお肌を傷つけてしまう可能性が高いです。

例えば、自己処理の際にいちばん多く用いられているカミソリを使った脱毛では、直接肌に刃を当てて脱毛を行いますので、ムダ毛だけでなく皮膚組織まで削ぎ取ってしまうことになり、カミソリ負けや炎症・湿疹などのトラブルを招きかねません。

その際お肌は、カミソリから受けた刺激から皮膚を守ろうとして、メラニンを沈着させます。

これがいわゆる色素沈着と呼ばれるもので、黒ずみの原因となるものです。

得に皮膚の薄いVIOラインの自己処理はお肌にとって非常にダメージが大きいですので、肌トラブルや色素沈着を起こしやすくなってしまいます。

特にOラインは自分の目で見ることができない部位ですので、自分で脱毛を行うことはとても困難で、無理やり処理をしようとするとうっかり肌を傷つけてしまったりして黒ずみを起こしてしまう可能性があります。

そのような不安全な自己処理を繰り返してしまいますと、色素沈着の原因となってしまいます。

ですから、お肌に負担をかけないためにも脱毛サロンで安心安全に脱毛を受けることをおすすめします。

脱毛サロンで用いられている光脱毛は、お肌に直接特殊な光をあてて、黒いメラニンに反応をさせることで毛根を刺激して、脱毛を行っていく方法ですので、すでに色素沈着を起こしてしまって黒ずみがある状態ですと、光が黒ずんでいる箇所に反応をしてしまう可能性があることから脱毛を断られてしまうことが大半です。

ですが中には“実際に肌の状態を見てから脱毛可能か否かを判断しましょう”というようなサロンもありますので、“自分は黒ずみがあるからどうせ脱毛サロンで断られるに違いないわ”と諦めてしまうのではなく。先ずは脱毛サロンに問い合わせをしてみましょう。

Aサロンでは断られてしまっても、BサロンではOKが出たなんてこともありますので、複数のサロンに問い合わせをしてみるのも1つの方法ではないでしょうか。

▲ページトップに戻る