上手なシェービングで肌へのダメージを最小限にしよう!

美容に関心を高く持つ女性が多くなってきた最近では、町中あちこちで脱毛サロンを見かけるようになってきました。

実際に脱毛を受けることができる年齢が低年齢化しつつあり、サロンによっては小学生でも可能なところまで出てくるほど、女性の脱毛への関心がとても高まっています。

安心安全に脱毛をするには、脱毛サロンでプロの脱毛を受けるのがいちばんなのですが、多忙や子育てでなかなか家を離れられず行くことができない・・という方も多いでしょうし、そのような場合は自分で脱毛されている人が多いでしょう。

しかし、安易な自己処理や誤った認識での処理は、お肌をキレイにするどころかかえって肌を傷つけてしまいます。

そこで今回は、誤った自己処理でお肌を傷つけないようにおススメの自己処理法をお伝えしていきたいと思います。

まず、自己処理をされている方にいちばん多いのが“カミソリを使った脱毛”です。

場所も取りませんし、カミソリは安価で手に入りますのでとても楽ではありますが、このカミソリと言うのは直接お肌に刃を当てて脱毛しますから、ムダ毛だけでなく皮膚組織まで削ぎ取ってしまうことになり、乾燥したがさがさのお肌になってしまったり、カミソリ負けや炎症・湿疹、そして自己処理を繰り返したことによる黒ずみなどの色素沈着を起こしてしまうリスクが非常に高くなってしまいます。

ですから、自己処理の方法としてあまりよろしくない方法なのです。

次にいちばんしてはならないのが“毛抜きを利用した脱毛”です。

毛抜きは生えている毛を無理やり引っこ抜くわけですから、毛穴に大きなダメージを与えてしまい雑菌感染するおそれがあります。

ですから、自己処理にいちばん適しているのが“電気シェーバー”を用いた脱毛です。

電気シェーバーは無理やり毛を引っこ抜くわけでもなく、肌に直接刃を当てるわけでもありませんので、お肌への負担が少なく脱毛をすることができます。

使用のコツとしては、長いムダ毛は予めシェーバーについているトリマーで短くカットしてから脱毛を行いましょう。

そうすることで剃り残しをなくし、脱毛時間を短縮することができます。

そして、簡単に安全に仕上げる為には絶対肌を擦らないようにきをつけましょうね。

▲ページトップに戻る